やわら療術師専門学園長 鳥居隆篤プロフィール

・鳥居隆篤は、1948年愛知県生。

・6歳で治療気功に目覚め多くの人たちを治す
・19歳秋、大宮で皇法指圧を学ぶ。
・20歳春、八光塾に内弟子として5年間修行に励む。修了後、1年間お礼奉公する。
・26歳、八光塾をやめてから難病難症を求めて行脚する
・27歳、武医は一つと悟り、流儀流派にこだわらない自然の哲理を求めて修行する
・27歳、流派を離脱する。
・27歳、本格的に西洋医学、東洋医療の勉強をする
・28歳、日本武道館で柔術の極意だけを教授する
・29歳、世界でただ唯一の柔術極意道場(隆光極意道場)を新宿で開門する。さらに数千の掌技法、拳技法を編み出す。
・30歳、山で修行し、四大筋体質の骨子二大体質を発見する
・31歳で四大筋体質を発見する
・32歳で指圧の不備が分かり独自の整体法(やわら形体法=他者による骨格内臓ストレッチ)を編み出す
 ※鍼灸指圧整体だけでは骨格や内臓を整体できないことを悟る。骨格の歪みや内臓の異常転位のままで は内臓低下が起こり、
 リンパの流れが持続しないで、鍼灸指圧整体の効果が薄れる事が分かった。

・33歳、四大筋体質、火の体質と水の体質を発見
・33歳、自分で骨格体形を整える形導術を創始
・34歳、形導術、気功、小周天の極意式教授法を編み出す
・35歳、山修行のため、柔術極意道場を閉門する
・40歳、難症難病専門の治療院を渋谷、新宿に開く
・41歳、気功極意セミナーを開設。
・41歳、武識気功会を設立
・42歳、武識気功シール、気功Tシャツを作成する
・43歳、多種多様な治療術治療法を編み出す
・45歳、硬直まで筋収縮を起こすスーパーQの試作品が完成する
・46歳、静岡県三島市に柔法相塾会館を建設する。
・46歳、柔法武拳から柔法徹化拳を編み出す。
・47歳、41年間で治療技術を160手編み出す
・47歳、やわら寮術師専門学園を設立する。
・47歳、体質別八タイプで行う三元形導術、三元気功、三元小周天を新たに編み出す。
 ※三元とは筋肉、血、氣をさす。
・49歳、指圧の不備を改良する。指一本で骨格体型を整えるゆびの彫刻師に改良発展させる。

 ※指一本で骨格や内臓を整体し,リンパの流れ、神経の伝達等を促進し、浮力と爽快感を与え、力を核 へ貫き切る奈落の指圧法を編み出す。 

・52歳、無尽蔵の気エネルギーを取り込む丹田スーパーを製作する
・57歳、四大筋体質講座を開講する
・58歳、ちょっと触れただけで痛みは消失、関節は柔らかく可動域が大きくなる究極の技
 即効治療術「氣療功」を編み出す。180手目の秘術。
・59歳、筋象医学内功編の教典書を作成 現在執筆中
・62歳、四大筋体質八種類から身体万能システム(外功編)を執筆中
・62歳、身体万能システム学会並びに人類筋象医学会を設立する。
・62歳、現在やわら療術師専門学園で氣療功、ゆびの彫刻師等を学院生達に指導中。
 ※外功とは筋肉運動。内功とは内臓運動(氣血循環を含む)